食品市場新聞社ロゴ

関西の卸売市場を中心に全国展開する、生鮮食料品の日刊業界紙「食品市場新聞」は
タイムリーなニュースを貴社にお届けします

主要ニュースタイトル 2017年11月

2017年11月17日付
  • 初の輸出促進事業を展開/兵庫県/明石海産卸協組は「明石鯛」をPR/シンガポールのバイヤーらに
  • 金額は21%減少/10月の神戸東部市場取扱高
  • 九州・海外へのPR強化/高島商事/新たな販路開拓へ/さきいかシリーズ
  • 研修会の参加者募集/兵庫県食品産業協会/HACCPの制度化に向け/来年1月20日から
  • 先人の遺徳しのぶ/京都市場/物故者追悼法要/90周年記念事業
2017年11月16日付
  • 地元産品ぞろえで連携/明石市場/マルハチ西明石店が開業
  • 金額は8%減少/神戸本場/10月の水産卸取扱高
  • 3万人強でごった返す/大阪府市場/即売や食育イベント/恒例の市場開放デー
  • 新会長に船越氏(神戸洋行社長)/神戸海栄会/永井会長は相談役に就任/第65回総会
  • 【特集 養殖魚類の最需要シーズンへ】トラフグに値ごろ感/ブリ、マダイ減少/日本産養殖魚を海外に
2017年11月14日付
  • 営業利益率は0.34% 前年度に比べやや低下/全中青協/買付の比率が年々増加傾向/会員84社の17年3月期
  • 食材や料理がずらり/明石市場/市場まつりに1.5万人来場/開設40周年記念
  • 両社とも売上高は微減/うおいち、ショクリュー/鮮魚が苦戦/18年3月期中間決算
  • 知名度向上へPR/黒田食品/直売所で感謝祭/十一(といち)の奈良漬の日
2017年11月13日付
  • 「ハニーキウイ」を本格輸入/神戸洋行/供給減の秋冬商材として脚光/アメリカ産イエロー系
  • 営業・経常利益は増益/OUGHD/創業70周年で記念配当/18年3月期中間決算
  • 食味の良さをPR/神戸本場/愛媛みかん大使が宣伝活動
  • 【東西南北】
2017年11月10日付
  • 大阪本場の最高値9500円/棒ダラ/京阪神地区の市場で一斉入札
  • 生産者がメニュー提案/神戸本場/高知県産野菜の料理教室
  • 安全・節約志向に対応/合食/秋の新商品19品を発売
  • [食品市場新聞創刊70周年特別寄稿]卸売市場は必要か/広島修道大学商学部教授 矢野泉氏
  • 【特集 神戸市東部水産物卸売協同組合 魚貝塚建立50周年で記念法要】恩恵受ける魚貝類へ感謝/漁協や小売団体との総意で建立/魚貝塚建立50周年を顧みて 神戸市東部水産物卸売協同組合理事長 村上義國
2017年11月09日付
  • 松葉最高値は3万円/ズワイガニ/セコの入荷量が6割増/大阪本場
  • 年末に向け販売強化を/徳島県蓮根消費拡大協/「れんこんの日」をPR/神戸本場で
  • 経常利益9.5%増/マルハニチロ中間決算/荷受はコスト削減で増益
  • 特製おでんが好評/神戸本場/クジラをテーマにイベント
2017年11月07日付
  • 小売店の良さを再認識へ/神戸流通活性化推進事業実行委/85店で初の特別キャンペーン/豪華景品プレゼント
  • 伊政府が功労勲章/京都青果合同の内田名誉会長/フィレンツェ市との交流に尽力
  • 徳島の特産品をPR/みのりの祭典/秋の味覚を格安販売/中央市場コーナーで
  • 「すし」が圧倒的な人気/ミツカン調べ/正月などの特別メニューに/好きな日本食
2017年11月06日付
  • 全12社前年実績割れ/10月の京阪神青果卸取扱高/野菜、果実ともに市況低迷
  • 営業・最終益が過去最高/日本水産/サケ・マス養殖が好転/18年3月期中間決算
  • プロにさばき方学ぶ/神戸水産物卸協同組合/青年会が中学生料理教室
2017年11月02日付
  • 生鮮野菜は29%減少/9月の青果物輸入/国産の市況安が影響/3カ月連続マイナス
  • 内田社長が黄綬/京都青果合同/円滑な青果物流通に貢献/秋の褒章
  • 「ソースカツ」など2品追加/合食/塩分を25%カット/「おいしい減塩」シリーズ
  • 前年並みかやや上回る/兵庫県/ズワイガニ漁況見通し
  • 部門間連携の検討開始/神戸東部市場/共同配送や営業展開へ/取扱高の拡大目指す
2017年11月01日付
  • ギフト市場規模が拡大/食品需要は底堅く、増加予想/矢野経済研究所
  • 市長感謝状を贈呈/神戸本場/宮崎県の2JAを表彰
  • 輸出入ともに増加/9月の水産物貿易/輸入量は7%増の21万㌧
  • 安全対策を高く評価/姫路市場の移転予定地/土壌汚染対策方針を協議/専門家会議で
次へ
ページTOPへ戻る