食品市場新聞社ロゴ

関西の卸売市場を中心に全国展開する、生鮮食料品の日刊業界紙「食品市場新聞」は
タイムリーなニュースを貴社にお届けします

主要ニュースタイトル 2018年 9月

2018年09月21日付
  • 20年度中に民営化へ/大津市場/8月に事業者選定委設置/市が方針固める
  • 阪神百貨店で長期イベント/大阪府市場/産地フェアなど展開/10月の魚食普及月間
  • 昨季よりも増加傾向/ミツカン/野菜摂取に高い関心/17年度鍋の実施回数
  • 合食の新商品を紹介(上)いかの姿あげに「牡蠣醤油味」/減塩シリーズに「焼かまぼこ」
2018年09月20日付
  • 再整備に向け検討チーム/大阪府市場/施設整備構想を策定へ/常駐代表者会議で決定
  • 柿の楽しみ方をPR/JAグループ和歌山/品川でキックオフイベント
  • 農林水産関係は396億円/農水省まとめ/北海道胆振東部地震の被害
  • 「味・鮮度」が87%占める/農水省調べ/衛生面の確認は「外見」/野菜の購入時重視する点
  • 【記者席】豊洲ブランドの創設へ
2018年09月19日付
  • 規格外品の活用を提案/農業開発研修センター/「市場の役割」テーマに討論/農産物流通研究会
  • 半数以上が「おせち購入」/婦人画報調べ/通販・ネット注文増加傾向
  • 開始から1901人が認定/日本惣菜協会/デリカアドバイザー/信頼される売場づくりへ
  • オリーブオイル付きキャンペーン/クリームチーズ生ハム包み/伍魚福
  • 3年ぶりの追悼慰霊祭/神戸海陸産物貿易同業組合/海栄会会員も参列/来月27日に祥福寺で
2018年09月18日付
  • 食文化の発信拠点へ/豊洲市場/全国各地から886人が出席/開場記念式典・祝賀会
  • 金額は3%増加/神戸本場/8月の水産卸取扱高
  • 最新の設備をPR/東京シティ青果/産地関係者ら対象に内覧会
  • 中食・外食の利用が増加/日本政策金融公庫/中食は今後も増加見通し/消費者動向調査
2018年09月14日付
  • 柿収穫量は5%増加/日園連まとめ/着果量多く大玉果傾向/8月1日時点予想
  • 24%が国産にこだわらず/日本金融公庫/輸入食品のイメージ改善/上半期消費者動向調査
  • 食品加工場を建設/鴻池運輸/大阪木津市場内に/来年4月操業開始
  • 神戸丸宗青果に市長表彰/福祉施設へ青果物寄付/40年にわたり
2018年09月13日付
  • 水産に新規仲卸が入場/大阪本場/水仲組合で業者を募集/10月1日に営業開始
  • 金額は3カ月連続増/8月の神戸東部市場取扱高
  • 「市フェス」に4千人/大阪市場/模擬セリや即売会/市場機能をアピール
2018年09月11日付
  • 7割が取引の参考にせず/農水省/流通加工業者対象に調査/青果生産者の衛生管理取組
  • 家族連れら7000人が来場/姫路市場/秋の味覚に舌鼓/市場市民感謝デー
  • 柿のレシピを提案/JAグループ和歌山/今年もハロウイーンでPR
  • 「企業文化を羅針盤に」/70周年記念誌を発行/合食グループ
2018年09月10日付
  • 青果は6日減の254日/東京都中央卸売市場/水産物は2日減の258日/19年の営業日
  • 全国から約400人が出席/植田氏(大果会長)の祝賀会/旭日小綬章受章
  • 5県から33社出展/大阪本場/東北の水産加工商談会
2018年09月07日付
  • 神戸東部は周辺冠水/台風21号/施設損壊や停電発生/京阪神の卸売市場
  • 営業日数は1日減の255日/来年の近畿市場臨時休開場日/完全週休2日制を実現/労働環境の改善に向け
  • 美容促進効果をPR/日本バナナ輸入組合/東京のカフェでイベント
2018年09月06日付
  • 生鮮野菜3カ月ぶり増/7月の青果物輸入/国産の単価上昇で引き合い
  • 業界発展のため事業推進/近畿管内食品産業協議会/情報交換や国へ要望も/神戸でブロック会議
  • 卸売市場へも影響/台風21号/買出人が大幅に減少
  • 東日本は過去最高気温/気象庁まとめ/今夏(6~8月)の天候
2018年09月04日付
  • 10社前年実績クリア/8月の京阪神青果卸取扱高/果菜類、根菜類が堅調相場
  • 「いわし塩焼」を新発売/マルハニチロ/サバ缶よりDHA多い/北海道産原料の缶詰
2018年09月03日付
  • 食品流通の効率化支援/農水省/漁業経営対策は大幅増/19年度予算概算要求
  • 今月28日までパブコメ/卸売市場/政省令案と基本方針案
  • 店頭に多彩なスイーツ/全農おかやま/山口果物でブドウフェア
  • 「旨みだし揚げ」など発売/カネテツ/女子栄養大と共同開発
次へ
ページTOPへ戻る